Calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

便利と危険は表裏一体

近年は情報化社会とも呼ばれているように、昔に比べてパソコンやモバイル端末を利用する人が増えています。インターネットの情報網も大きく広がっている現在では、情報収集にとって欠かせない存在です。
また、コミュニケーションという分野においても、パソコンやモバイル端末が必須と呼べるような時代になりました。連絡手段は電話ではなくメールやアプリを使用したものになり、チャットなどを使えば世界中の人と簡単にコミュニケーションをとることができます。
このように便利な側面は確かにあるのですが、それ故に注意しなければいけないこともあります。いわゆるサイバーテロ、サイバー攻撃などと呼ばれているものです。

サイバーテロというと企業や組織といった大きな枠組で語られることが多いですが、個人に対して無差別に攻撃を仕掛けるような場合もあります。
明確な意思を持って特定の人や組織を攻撃することを標的型攻撃と呼びますが、この標的型攻撃はバレにくい上に被害にあいやすいものなので、注意が必要です。
ウイルス対策はメーカー製のパソコンであれば最初から施されている場合が多いですが、ウイルス側も日々進化しているのでそれだけでは万全なウイルス対策とは呼べません。
標的型攻撃への対策にしろウイルス対策にしろ、ひとりひとりがキチンと意識して対応することが大切なのです。

そこで今回は、標的型攻撃やウイルス対策について、その概要や対応策などを簡単にご紹介したいと思います。

外部リンク

ウイルス対策をしてパソコンを守る!:大塚商会
セキュリティ対策をするならUTMで標的型攻撃対策で。:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
脆弱性対策を始めるなら│PFU